国立大学法人山梨大学

若山 照彦

将来、人類は宇宙へ進出し、スペースコロニーや火星など他の星で繫栄するでしょう。だが宇宙では無重力および強力な宇宙放射線にさらされます。はたしてそのような過酷な環境で哺乳類の繁殖は可能なのでしょうか。そこで我々は、宇宙飛行士が無重力の小さな実験室で練習しなくても確実に実施できる、まったく新しいデバイスを作りだしました。そして実際に宇宙ステーションで、宇宙放射線に長期間さらされた精子から子供を作る実験や、マウスの受精卵が無重力でも正常に発生できるのかを調べる実験を行ってきました。今後さらなるデバイス開発で、哺乳類の宇宙生殖の可能性を明らかにしたいと考えています。

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのお問い合わせ・ご相談はこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る