ショールーム

国立大学法人山梨大学

柏木 賢治

視覚は現在社会では最も重要な外部情報取得方法で、その障害は様々な生活の支障となります。
高度情報化、高齢社会においては、国民のほぼ全員が視覚に関する支援を受けることでよりよい生活を過ごすことが出来ます。このため、視覚支援もしくはさらによい視機能を確保するための様々な取り組みテーマがあり、社会の要求は高く、市場規模は非常に大きいです。本教室ではこのような情況に鑑み、視機能障害者の支援、さらに高い次元の視機能を確保するためのソフト、ハード両面における様々な取り組みを進めています。

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのご意見・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る