ショールーム

国立大学法人山梨大学

東海林 篤

近年、光では見えないとされてきた物を見る手法が様々提案されてきています。本発表では、光のビームの形(空間モード)を操ることで、これまで観測不可能とされてきた物質中の多重極子を観測するための『指導原理』を紹介いたします。 従来、光と物質との相互作用は、光は平面波であるとの仮定で行われ、電気双極子だけが観測対象でした。しかし、空間モードを考慮に入れると多重極子の観測も期待され、実際、半導体中の電気四重極子が観測可能であることをこれまで実証してきました。 この原理は、THzセンシングシステムやラマン測定といったX線を用いない安全で簡便な結晶構造分析装置や結晶多形判定装置などへの応用が期待されます。

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのご意見・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る