ショールーム

山梨県産業技術センター            株式会社丸眞熱処理工業

○深澤郷平、佐野正明、石田正文、 萩原義人    若尾博明、村松翼

 

 金属粉末積層造形技術(以下、金属AM)は、金型の冷却性能を向上させるメリットがあります。一方、金属AM素材は従来材に比べて、じん性や疲労強度が劣るため、金型寿命への影響が懸念されます。また、熱疲労特性に関する報告も少なく、ダイカスト金型への適用は進んでおりません。
 そこで、本研究では金属 AM素材に熱疲労試験を行い、寿命評価および窒化処理の適用を検討しました。
 その結果、熱疲労後にはクラック長さや表面硬さなどが低下しますが、窒化処理により著しく改善することがわかりました。また、金属AM素材の欠点である内部気孔を起点としたクラックは表面近傍に僅かに認められたものの、熱疲労強度は溶製材と大差ありませんでした。

 

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのご意見・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る