ショールーム

国立大学法人山梨大学

丸山 祐樹

電気自動車やモバイル機器の普及により高性能化した次世代二次電池の開発要求が高まる中、本研究では層面内の高いイオン伝導度を利用した高性能かつ安全な全固体リチウムイオン電池の開発を目指して、層状構造を有するリチウムイオン伝導性酸化物の単結晶を溶媒移動浮遊帯域溶融 (Traveling Solvent Floating Zone: TSFZ) 法により育成する技術の開発を目的としています。本研究の成果は、TSFZ 法によって高イオン伝導性酸化物の高品質バルク単結晶育成に成功した点です。本研究成果で得られた単結晶材料は、単結晶基板を用いた安全かつ高性能な次世代全固体リチウムイオン電池用正極材または固体電解質材料として応用が期待できます。

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのご意見・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る