ショールーム

山梨県産業技術センター           一般社団法人宝石貴金属協会

○宮川和博、林善永、小松利安、有泉直子    笠原茂樹・小泉一人
宝石美術専門学校              山梨県水晶宝飾協同組合
 高橋泰                   松本一雄

 宝石の処理は年々高度になってきており、宝石鑑別において各種機器分析は必要不可欠なものとなっている。
 本研究では鑑別精度向上のため各種色石に対しては利用例の少ない蛍光分光分析を行うと共に、従来の分析機器のデータを併せたデータベースの構築を行った。
 取り扱いの多いルビー、サファイア、エメラルドについてデータベースの構築を行った。また蛍光分光分析では、産地や加熱処理により蛍光強度や分布状態が異なることが確認でき、本分析法の有効性が確認できた。

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのご意見・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る