ショールーム

山梨県産業技術センター            国立大学法人山梨大学

○五十嵐哲也、鈴木文晃、秋本梨恵、家安香    豊浦正広・茅暁陽

 これまでに研究開発した、デジタル画像をもとにジャカード組織を自動生成する技術シーズを,本県織物業の現場に導入するための研究開発を行いました。具体的には、企業の企画・デザインの現場で商品開発ツールとして技術シーズを活用できるアプリケーションツール開発と、技術シーズを活用した新商品開発の支援を行いました。

 技術シーズの活用にあたっては、技術を生かしたデザインの方向性の提示と、複数種の緯糸を活用した織物開発ための技術のカスタマイズが企業からのニーズとして求められ、これに対応した試作開発を行うなかでノウハウを蓄積し、また受注や自社商品発売に至る成功事例を得ることができました。

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのご意見・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る