ショールーム

山梨県産業技術センター         国立大学法人山梨大学

○塩澤佑一朗、上垣良信、宮澤航平、    佐藤哲也
 中村聖名、渡辺誠

 産業技術センターでは,バナジウム化合物と染料を組み合わせて,天然繊維に光吸収発熱機能を付与する染色技術を開発してきた.

 この技術ではすでに特許(第6792108号)を取得し,これを活用した製品開発の支援を県内企業に継続して行っている.一方で,バナジウム処理した天然繊維が発熱する仕組みはまだよくわかっていないため,これを調べることで発熱性能のさらなる向上や新たな発熱材料の検討への活用が期待できる.

 そこで各種分光法(XPSおよびESR)を用いて光熱変換現象について調べた.また本研究では,金属処理して機能化する技術を県の伝統産業である和紙の原料に応用する検討を並行して行い,それを含有した和紙の抗菌性等を評価した.

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのご意見・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る