ショールーム

国立大学法人山梨大学

佐藤 隆英

エナジーハーベスティングは周囲の環境からエネルギーを収集して電源として用いる技術です。エナジーハーベスティングを用いることにより装置の電池交換が不要となるため、センサネットワークなどへの応用が期待されています。しかし、エナジーハーベスティングにより得られる電圧・電力は環境の変化に応じて時間変化するため、負荷に一定の電圧を供給する電源回路が必要になります。本研究では、エナジーハーベスティングに適した高効率かつ広い入出力電圧範囲を有する電源回路を開発しています。スイッチにおける損失を最小に抑えることで効率を改善した新しい電源回路をご紹介します。

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのご意見・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る