ショールーム

国立大学法人山梨大学

丹沢 勉

人間と同じ2つの眼で対象を立体的に見るステレオカメラを用いた環境認識の研究を行っています。3次元情報により対象の色や模様だけでなく、位置,物体の形状や大きさまで認識することができるため、従来の画像処理による認識より高精度で安定した認識が可能です。本研究では、以下の3つを行っています。
・認識したい対象や領域範囲など要求仕様に合わせたステレオカメラの最適化
・移動ロボットなど振動の多い状況下でも、長期運用に対しても安定した認識性能を実現するリアルタイムキャリブレーション
・屋外環境をはじめとして、動的な実環境下の地面や側溝(穴)検知、自動車等の立体物検知の精度向上

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのご意見・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る