ショールーム

国立大学法人山梨大学

井上(安田) 久美

私は電気化学バイオセンシングの研究をしています。この方法は、簡易な小型デバイスで高感度に定量分析ができる特長があります。現在、実用化を目指している3つのテーマ①スマートトイレ用かけるだけ尿タンパクセンサ、②医療の安全を確保するエンドトキシンセンサ、③細胞間化学コミュニケーションを可視化して生命科学研究に貢献するバイポーラ電気化学顕微鏡イメージングシステム、の研究について紹介します。連携可能な企業としては、センサメーカー、センサへの試薬封入技術を持つ企業、透析液や医療用水供給など水の安全を必要とする医薬業界やそれらの装置メーカー、バイオイメージング装置メーカーなどを想定しています。

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのご意見・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る