国立大学法人山梨大学

古屋 貴彦

3次元形状データは、製造、建築、医療、コンテンツ製作等の幅広い分野で利用されます。私達の研究室では、多数かつ多様な3次元形状データを効果的に管理、再利用することをねらって、機械学習(主に深層学習)を活用した3次元形状データの解析技術を研究開発しています。点群、ボクセル、ポリゴンメッシュといった3次元形状データを検索、分類、領域分割、補完するための解析技術を多数所有します。特に、私達が開発した3次元形状検索技術の性能は、世界的に見ても高水準です。これら解析技術の応用先として、3次元形状データベースの管理、コンテンツ製作支援、ロボットによる実世界の認識、深度センサで獲得した3次元形状の高品質化などが考えられます。

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのお問い合わせ・ご相談はこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る