ショールーム

国立大学法人山梨大学

秦 康範

日常時と非常時の垣根をなくす「フェーズフリー」という考え方が、近年さまざまなセクターで注目されています。「フェーズフリー」とは、日常時と非常時を区別せず、どちらのフェーズでも活用できるよう商品・サービス・施設をデザインしておき、非常時の生活の質(QOL)の維持、日常時の生活の質(QOL)向上を目指す考え方です。
「フェーズフリー」は、様々なセクターの方々が、それぞれの立場で参加でき、イノベーションを創発するオープンなプラットフォームです。皆様が取り扱っている商品・サービス・施設の価値を高めることに貢献します。是非,ご一緒にフェーズフリーに取り組みませんか?

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのご意見・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る