ショールーム

国立大学法人山梨大学

鈴木 猛康

本ビデオでは、2つの研究開発について、共同で取り組むことを提案しています。その一つが地区防災計画策定におけるリスクコミュニケーションです。多発化、激甚化する自然災害に対する減災対策として、公助と連携した共助による地区防災が注目されています。市町村と自治会の見合わせでご相談いだければ、適切なリスクコミュニケーションをご提案することができます。もう一つのテーマは、AI翻訳エンジンの防災への応用です。インバウンド観光客のためのAI防災チャットボットや、災害に遭遇した時に観光客を適切に誘導するための災害対応マニュアルやその情報システム化等、様々なユーザーや機関と一緒に適用、開発に取り組めれば幸いに思います。

ご視聴ありがとうございました。この発表者へのご意見・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

この発表者へ問い合わせする

発表会場トップに戻る